おじゃこ丸ブログ

ファッション好きのブログ

『僕たちはもう働かなくていい』を読んだ感想 AIの世界


こんにちは、今日も服が好きなおじゃこ丸です。


『今日の音楽』


Raujika - Grim

 

今回は最近読んだ本を紹介したいと思います。


ホリエモンこと堀江貴文さんの『僕たちはもう働かなくていい』を読んでみました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

僕たちはもう働かなくていい (小学館新書) [ 堀江 貴文 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2019/9/24時点)

楽天で購入

 

まず、タイトルが惹かれますよね笑


現在、世界にAIが普及していく中で


AIに仕事が奪われるといった、悲観的な世間の意見に対しての堀江さんの考えや、


堀江さんが行った、ロボットやアンドロイドの開発者、研究者へのインタビューなどが書かれています。


僕もどちらかというと未来に不安がありましたが、


読み終わって、これからの世界にとてもワクワクしました!


AIを敵視するのではなく、人間がAI、最新のテクノロジーを使いこなすことで訪れる、


AIが人間に代わって、全てをこなしてくれる世界、


人間は好きなことだけをしていればいい世界、


そんな世界がくると考えたら、ワクワクしかありません。