おじゃこ丸ブログ

ファッション好きのブログ

SDGsとは?『世界の目標』

 

こんにちは!今日も服が好きなおじゃこ丸です。



『今日の音楽』




SDGsとは?

 

SDGs(Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標)の略で、



持続可能な世界の実現の為に、2010年の国連サミットで全会一致で採択され、2030年の達成を目標とした、全世界の共通の17項目のゴールを掲げた目標です。



持続可能な世界とは、今現在生活している人たちの要求を満たし、将来の世代が必要とする資産を損なうことのない社会のことです。



SDGsの17のゴール

 

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう



以上の17項目の達成目標があり、その目標の下に169のターゲット(小目標)が設定されています。



グローバル企業が策定に参加

 

SDGsの策定には公的機関だけではなく、企業も参加しています。



企業が持続可能性を追求することで、長期的な利益の確保につながるという観点のもと、産業界への協力を求める内容になっています。



SDGsをリードするヨーロッパ諸国

 

2019年7月発表のSDGsの達成状況は上位20ヶ国の中で、16ヶ国がヨーロッパの国々です。



  1. デンマーク
  2. スウェーデン
  3. フィンランド
  4. フランス
  5. オーストリア
  6. ドイツ
  7. チェコ
  8. ノルウェー
  9. オランダ
  10. エストニア
  11. ニュージーランド
  12. スロベニア
  13. イギリス
  14. アイスランド
  15. 日本
  16. ベルギー
  17. スイス
  18. 韓国
  19. アイルランド
  20. カナダ



ヨーロッパ以外の国はニュージーランド、日本、韓国、カナダの4ヶ国のみです。



この結果は、環境保護や人権保護を積極的に推進してきた、ヨーロッパだからであり、



SDGs環境保護、人権保護を推進してきた、ヨーロッパの成果なのです。



SDGsの背景にある、ESG投資とPRI

 

ESG投資とは、環境、社会、統制に考慮した投資のことで、PRIは機関投資家の意思決定にESGを反映させるというヨーロッパ発祥の投資方法です。



PRIのもとでESG投資が行われ、それを通じて環境保護や、持続可能性につながる企業の価値を全世界に高める仕組みになっています。



例えば、従業員の人権を侵害したり、産業用排水を垂れ流すような環境破壊を行なっている企業は、



PRIのもとで、投資対象から排除されます。



現在、PRIに署名している機関は2500にのぼり、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も署名しています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 [ 落合 陽一 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/12/7時点)

楽天で購入